夏期講習 “権利 (と義務) 目を覚まして生きるために”.

サマーコースのプレゼンテーション

十分な注意 (マインドフルネス) すべてのために.

もう一年, 禅師ドクショー・ビジャルバ, プロトコルの作成者「仏教の伝統に基づくマインドフルネス」 (MBTB), ガンディアサマーユニバーシティのサマーコースに参加します. 今年のコースは 10 時間.

注意は、存在の意識につながる認知プロセスの基本的な能力です。. より質の高いケアは、より信頼性の高い認知プロセスを支持し、, したがって, 存在のより大きな意識.

現在の教育システムは、教育者や学生に、意識を高め、, したがって, 一度大人, 市民は目を覚まして生きる義務と責任を行使することはできません.

このコースでは、大人にマインドフルネスを実装するための提案の概要を説明し、彼らが日常生活でそれを育てることができるように基盤を示します。. 理論的原理が公開され、実践的な演習で実験されます.

プログラム
火曜日 16 7月の: から 16:00 a 19:00 (3 時間)
– マインドフルネス入門. – 注目の5つのサポート.
水曜日 17 7月の: から 10:30 a 14:30 (4 時間)
– 体の呼吸のマインドフルネス. – 感覚のマインドフルネス. – 感情のマインドフルネス.
水曜日 17 7月の: から 16:00 a 19:00 (3 時間)
– メンタルコンテンツのマインドフルネス. – オープンマインドフルネス.

フランシスコドクショービジャルバ, 禅仏教の先生, 禅寺ルスセレナの大修道院長; 曹洞宗仏教共同体創設者; マインドフルネススクールの創設者兼教育ディレクター. 作家, 翻訳者および講師.

これを共有:

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません.

18 − 17 =